ツカダ・グローバルホールディング(2418)は欧米風邸宅での挙式・披露宴を行う婚礼が主力。ハワイ、バリ等でも展開。ホテル事業を拡大中。ワクチン接種の進行がいまいちですが、接種対象年齢の引き下げなどで若い方が摂取するようになってくると光が見えてきそうですね!(20年12月の連結決算では106億2,800万円の純損失)

■権利確定月
6月・12月
■権利付最終日/権利確定日
6月28日/6月30日

ツカダ・グローバルホールディング(2418) 株主優待

ツカダ・グローバルホールディング(2418) 株主優待の内容

100株以上保有の株主に当グループで運営している(施設内)レストラン等の飲食代金優待割引、またはホテルの宿泊料金の優待割引を行う株主優待券2枚が贈られます。

ツカダ・グローバルホールディング(2418) 配当

20年12月の連結決算で巨額の赤字を出してから配当はしばらく見込めないでしょう。有利子負債が利益剰余金の二倍以上の557億3200万円あり、営業CFもマイナスなので借金の利息が増えていくばかりです。

まとめ

まだまだ新型コロナウイルスの影響があり、配当もないので優待狙いは見送る方が多いのではないでしょうか?もし、新型コロナが落ち着けば、結婚式をあげれていないカップルなどの需要が見込めそうですけどね!